2年ぶりの里帰り

2年ぶりの里帰り

Share this Post to your Friends...
Share on Facebook100Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Buffer this pageEmail this to someonePin on Pinterest0Print this page

滞在24間だったけどね!

IMG_9576

 

日本滞在中、結局ブログ更新回もできなかったわけで…

 

ちょろちょろ振り返りながら、日本滞在記を書いてみます。

タイトルで2年ぶりと書きましたが、タイに移住して10年間で、

2回めの一時帰でした

2年前の前回の一時帰国は8年ぶりというインパクト(笑)

なので今回は、それほどのインパクトは、別の所で十分に。

 

あのね、

日本語が出てないの!(笑)

いや普通にしゃべるときは、単語につまることはあっても、まぁ普通にしゃべれる。

とっさの時、ちょっとぶつかって『ごめんなさい!』っていうとき、

コートーカップ!ってまずてくる!

タイ語で『ごめんなさい』です。

『ありがとう!』って言いたい時に、『コップンカップ!』ってでてくる。

なんど口からでかかって飲み込んだことか。

 

まぁそのことも今回の一時帰国で驚いたことではあるが、今回書きたかったことではない。

写真のようにすっかり観光地化されたふるさとの姿にびびったことでもない。

 

親はいつまでもである

親の前ではいつまでも子どもである。

そんなことがふと頭に浮かんだ。

世間的には、わたしは43歳のいい年こいたおっさんである。

うちの両親も、還暦をとうに過ぎたおじいさんおばあさんである。

でも、3人で顔突き合わせていると、やっぱり親子なんですな。

いらん心配をことごとくされて、それをことごとく『はいはい』と聞き流し、

それでも髪やしわに見て取れる老いに、体のことを心配してみたり、

視界に入る両親の動きに、もうちょっと顔見せに帰ってきてもいいかなとか思ったり。

 

面と向かっていうのは気恥ずかしいけど、やっぱりいいたくなるね。

ありがうって

 

Share this Post to your Friends...
Share on Facebook100Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Buffer this pageEmail this to someonePin on Pinterest0Print this page

さんた まさのり

勝手に親善タイ使カメラマン。2006年2月、たまたま訪れたタイを超気に入り、帰国後すぐに2回目訪タイ飛行機チケットを予約。その2回目の訪タイ中に、タイへの移住を決意する。2006年10月、タイ移住完了。

2 COMMENTS
  • 山本 まなみ
    返信

    強行スケジュール
    おつかれさまでした

    ずーっと 親は親!

    顔を見せるだけで安心します

    親孝行できましたね❣️

    (^_^)☆

    1. さんた まさのり
      返信

      山本さん

      一日でも多く顔を見せに行けるよう、精進しよかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です