勝手に親善タイ使とありがタイ村を世界に広める計画【2019年7月現在】

…と大きく謳ってみたところで、

そんな明確な戦略・戦術で日々過ごしているわけではありませんが。

 

とりあえずいまのところは、

世界のいろんなところのいろんな人にリーチして、勝手に親善タイ使とありがタイ村が響く人を発掘する

というのを目標に日々チャレンジ中です。

 

『世界のいろんなところのいろんな人にリーチ』

するためには、、、

このブログ書いてるだけじゃ到底叶わぬ夢なわけであります。

わたしSEOとか苦手ですし。

ていうか、SEO頭に入れて記事書くってことがそもそもできない質で。

書きたいことを思いつくまま書く、ってことでなんとか書き続けられる。

 

というわけで、

この記事はGoogleからというより、

Facebookから読んでもらうことが大前提だったりします。

 

世界にリーチするためにはそれだけではたりない。

Facebookで届くのは同世代前後の日本人の方がほとんど。

やってない人も多いし。

 

んで思いついたのは、

いろんなプラットフォームで発信すればいいじゃん(・∀・)

 

現在記事投下中のさまざまなメディアプラットフォーム

  1. アメブロ
  2. WordPressブログ『勝手に親善タイ使さんたまさのり』【当ブログ】
  3. WordPressブログ『ありがタイ村 On the WEB』
  4. Steemit
  5. Coil
  6. Cent
  7. Nemlog

 

これだけのプラットフォームに毎日2~3記事投稿するようにしています。

あ、各プラットフォームに2~3記事でなく、合計で2~3記事。ゆるいでしょ(・∀・)

それぞれの説明はここでは省略します。

 

でも、発信者の方は、

4~7は一応見ておいたほうがいいかもですよん。

どれも、投稿に報酬がつく可能性があるプラットフォームです。

それぞれのプラットフォームにそれぞれの理念や仕組みがあるので、

また気が向いたらこちらで解説記事を書いてみます。

…でも、行動速い方は、

これだけでもう登録してしまうかもですね^^

 

 

そして各プラットフォームには、

これまでに書いた記事を、単にコピペの場合もあれば、

多少焼き直して投稿とかもしています。省エネ省エネ。

ていうか、それぞれで多分見る方変わるので、

過去に書いたコンテンツでも、

新たに響く人が出てくる可能性も無きにしもあらず。

 

どこで、どんなコンテンツが、どれだけ響くか、

これはやってみないとわからない。

そうして1人でも多くの『ありがタイ村村民(になる可能性のある方)』を

発掘していきたいなと思うわけであります。

 

また新たなプラットフォームみつけたら、

これに追加していきまーす。

今は Steemit が熱い!!

(現在、息子誕生秘話連載中!)

 

関連記事

  1. ありがタイ村入村条件のSNSチャットアプリ『ROBIN』

  2. チャレンジ足りてますか?

  3. つまるところ『ありがタイ村』ってなんなのさ(・∀・)?

  4. 46歳からのチャレンジ!

  5. タイ全土77県制覇できるか!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タイ移住を現実に!

nemlogはじめました。

最近の記事

ランキング参加中

PVアクセスランキング にほんブログ村

ソムタム寄付、はじめました。

小さなことでもコツコツと

コインポイン
PAGE TOP